渋谷のメイン通りに、某パチンコ屋の参入決定時、
私の所に、ある情報が入って来た実話体験談。
地元の組合と某暴力団の話し合いにより合意有。
店へのヤクザの出入禁止を条件とする代わりに、
ヤクザの家族や関係者の誕生日には
平台で必ず打ち止めする事。

で、
早速、誕生日の数日前に行き、

「例のやつ」

と、店員に告げると、
店長らしき人が奥から出てきて対応を始め、
身分証明書の提示を求め、免許証を提示、
コピーをとる事もなく、ひかえる事もなく、
本人確認の意味がなされないまま、
決められた台に通してくれました。

この対応を見る限り、この合意は本当で、
店側としては、ヤクザと揉め騒ぎ立てられる位なら、
誕生日に来る人が、関係者かどうかはどうでもよく、
暗黙ルールの打ち止め料程度で丸く収まるなら、
渋谷という立地条件の利益からは 痛くも痒くもないといったところですかね。

まぁ、結果、数年間、私の誕生日には、
このお店から、ある程度頂きましたが・・・・。」


雨と紫陽花とショパン(音楽付)