注目キーワード

このサイトは、生活保護は人権という事を確り認識し、まずは、困窮から抜け出す為に人生の基盤を組み直し、

社会復帰するなり、社会貢献を強く願います。生活保護を受ける事は決して恥ずかしい事ではありません。

生活保護受給者自己負担0円

知らずにいたらもったいない

あ、見つけましたね

体調・人生などで、どうしようもない壁に当たった時、自殺は絶対ダメ。迷わないで生活保護の申請。恥ずかしい事ではありません。日本国で人権を守る立派な制度です。

頑張って生活保護を受けないで生活出来ればそれが一番良いけど、本当にそれが出来ないで困っている人が大勢いるのも現実。批判的な方々には解らないと思います。

本当は働けるのに生活保護を受けているのか、仕方がなく受けているのか神様は全てお見通しです。国民の皆様が苦労して働いた税金です。確りと感謝しましょう。

やっぱりパチンコはダメだよね。保護費の中でも出来るだけ切り詰めて余ったお金は返金する位の気持でいないとね。勿論、足りないケースも多くあるけどね。

ちまたで話題のアレコレ

贅沢の度合いは人それぞれ違うけど、例えば、イオンのマイバスケットや西友なら、レトルトカレーが50円でコロッケ1個50円でご飯を自炊して、このような感じでメニューを考え工夫すれば月2~3万円があまると思います。

人間だから、人権の意味からは、たまには外食もありですね。でも、それでも、さくら水産みたいにワンコインランチですけどね。1食1000円位になるといざという時に苦しいですよ。我慢して月2万円位は箪笥に入れておかないと。






朝鮮人



最低生活費、生活保護基準〈ナショナルミニマム〉は国家が国民に対し「最低限これだけは生活を保障します」という最低生活保障基準です。受給額(権利の基準)というより、国の国民に対する生活保障責任の基準です。この最低生活保障基準を引き下げることは、ある意味、国の責任放棄です。

今の生活保護制度では、「正直者がバカを見る」と思っている人が大勢います。 それは、本来であれば生活保護を受け取るべきでない悪賢い人が生活保護を受けている事実や、まじめに働いている人より生活保護を受けている人の方が 豊かな生活を送れているという事実からきているのでしょう。

しかし、実は、資産や収入を隠していたり、病気を偽っていたりする不正受給は、 生活保護全体の0.4%という小さい数字に過ぎません。そんな小さい部分だけ見て、生活保護受給者全体をバッシングは大きな間違いです。 お笑いタレントの生活保護問題を一端に、今、見直しが検討されています。

具体的には生活保護給付水準を10%引き下げるといったものです。 日本では、生活保護費の予算が地方の財政を圧迫していて、これを引き下げないと財政が破綻するかのように報じられることがありますが、これは全くの嘘です。 日本の生活保護費のGDPにおける割合は0.5%に過ぎません。

諸外国と比べると、極端に低い数字で、保護費が財政を圧迫しているとは言えませんし、 保護費を引き下げても、財政への影響は小さく今、本当に必要なことは、雇用や社会保険、子育て支援といった 保護制度の手前にあるセーフティネットを充実させ、保護への過度の負担を取り除くことです。

片山さつき 生活保護問題

舛添要一の姉 生活保護

橋下徹 VS 受給者

会社を首になっても借金が1億あっても虐めにあっても、人間は生きなきゃだめですよ。人それぞれ生まれて来たお役目や意味が必ずあります。 もし人生を放棄すれば、死後何百年も苦しむだけ苦しんで、仮に人間として生まれ変われたとしても、戦争のど真ん中の環境に生まれたり霊魂の成長がなくなります。 どんなに苦しくても感謝を持って生きて生きて、結果、生活保護も大切なアイテムの一つです。まずは、生活を安定させ社会貢献を強く目指し実行するのが人生です。 それで死んでいくなら、人間の本望です。必ず神様は視ていますよ。 肉体的精神的年齢的に就職が困難なら、人助けでもいいじゃん。毎日自分の周りの道を掃除したり、炊き出しのお手伝いをするなり、 社会貢献の形は沢山あります。神様は、出来るのに仕事をしないのか本当に出来ないのかお見通しです。

サイト企画運営制作
スポンサー 中島 明

お問い合わせEメール;   kumacyan3260@gmail.com

/⇨ニューリリース

⇨プライバシーポリシー

⇨このサイトについて

⇨サイトマップ

⇨よくあるご質問

⇨お問合せ

⇨Corporate Information